妊娠している女性

女性と妊娠、そのメカニズム

妊娠のメカニズムを知る
最近では、妊娠をするための知識や妊娠し易くする体づくりをおこなう「妊活」という言葉が新しく誕生するほど、妊娠を望んでいる人も多くいます。

現代は晩婚婚傾向にあり、妊婦も30代や40代で初産という方もいますね。妊娠は女性にしか体験することのできない女性だけの特権です。男性は体験することのできない未知の世界です。妊娠はなぜ女性にしかできないのでしょか。妊娠のメカニズムとは何なのでしょうか。

なぜ女性だけが妊娠できる?

女性しか妊娠できない理由は現代での医学の進歩でも解明できていないそうです。妊娠については医学でも解明できていないことが沢山あるようです。

いわば未知の世界でしょう。ですが、女性が妊娠できる理由には女性ホルモンが大きく関係しています。
女性の卵巣などから放出されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類が主体となって妊娠を手助けしてくれます。

妊娠のメカニズムを知ろう

生理終了後から排卵前にかけて徐々にエストロゲン(卵胞ホルモン)は子宮内の膜を厚くし、乳腺を発達させて妊娠に備えます。排卵後からプロゲステロン(黄体ホルモン)が受精しやすい環境整えてくれています。

妊娠は男性が女性の膣内で射精することで精子が女性の卵子と出会い受精し受精卵となります。男性が1回に射精する精子の数は1億~4億個と言われていますが卵子と受精できるのは1個だけです。精子と卵子が受精に成功し受精卵は2つの女性ホルモンによって整えられた子宮内の膜に着床し妊娠します。プロゲステロンは着床後に妊娠を継続させるため働き続けるのです。

妊娠後、胎児はおよそ280日間(約40週間)かけて成長していきます。その間、女性はお腹の中で胎児を育てていく訳です。

望まない妊娠もある

妊活をしている女性に対し望まない妊娠で中絶を希望する女性もいます。たとえば避妊に失敗した性行為や性犯罪によるレイプの場合などの事例です。お腹に命が宿る前に避妊をさける方法としてアフターピル(緊急避妊薬)があるのも事実です。そして、アフターピルを使用する必要があることも事実と言えるでしょう。